北海道江別市でケアプランセンター、小規模多機能ホーム、デイサービス、訪問介護施設を運営するみのりの丘グループ

みのりの丘

みのりの丘代表ブログ

アーカイブ: ブログ

今後の社会保障制度の在り方(その1)

2024.5.7

当ブログで何度か紹介している通り、当方では毎年市内外にある大学の学生実習を

受け入れている。

毎年受け入れているにも関わらず、担当教諭とお話する機会を積極的に持つこと

怠っていたことを反省し、先日複数の大学へお邪魔して、昨今の大学生の思考性や

抱えている課題、実習に向かう姿勢などについてお話を聞くこととした。

 

担当教諭から非常に興味深い話を伺うことができ、とても有意義な時間を持つこと

ができた。この場を借りて、対応いただいた先生には厚く御礼申し上げたい。

その話の延長線上で、学外講師として、これから実習に向かう大学生を対象とした

講義の依頼を受けることとなった。

 

その講義の内容は、介護や福祉の現場の目線で実習への心構えや事前準備について

講話することが期待されていることと思うのだが、これをきっかけに30年以上前

に大学で学んだ社会保障制度について、今一度整理しておこうと思った。

というわけで、勝手に我が国の社会保障制度について私見をおおいに交えてまとめ

てみることとした。

 

社会保障制度は、元々貧困対策を目的として創設された制度で、現在の役割を担う

に至る歴史をさかのぼると「貧困層への救済を目的としたイギリスの救貧法」や

「傷病等によって生活が困窮することを未然に防ぐことを目的としたドイツの社会

立法」などが起源と言われている。

 

また、社会保障と経済の発展は切っても切れない深い関係性がある。

産業革命以降の経済発展は、人々の生活を豊かにしていった一方で多くの貧困者を

生み出すことにもつながってしまった。

その結果として、単なる貧困対策から労働者階層の貧困化対策や生活保障等のより

複雑化した社会保障制度へと変貌していくこととなり、現制度へと繋がっている。

 

我が国でもヨーロッパ先進国から数百年遅れて社会保障政策が制度化された。

やはり始めは貧困対策が主な目的であったが、明治維新以降の社会構造の変化や

産業の発展に伴って、生活保障等のより複雑化した社会保障制度となった。

そして、戦後以降に先進諸国が社会保障をより生活保障へとシフトしていくことへ

追従するように我が国も生活保障の充実を図るようになった。

さらに、国民皆保険制度の制定や高度経済成長の後押しもあって、我が国の社会保

障制度は世界でも類を見ないほど高品質低負担な制度へと進化を遂げていった。

 

しかし現在、社会構造の変化に伴って、社会保障制度の在り方について大幅な変革

を余儀なくされている状況にある。

我が国は、経済成長が停滞して一昔前の金持ち国家ではなくなってしまった。

また、少子高齢社会の人口構造の大幅な変化や定年退職後の平均寿命が延びている

ことなどから、社会保障費の財源徴収と給付のバランスが大きく崩れ始めており、

世界に誇る高品質低負担な制度を維持することが困難を極めている。

 

それでは、今後の我が国の社会保障制度はどのように変革していけばよいか。

ちょっと話が長くなってしまったので続きは次回に持ち越すことにしよう。

健康であれば問題は解決する?

2024.5.6

30年間、介護や福祉の現場に身を置いて、つくづく思うことは、我が国における

介護予防や自立支援にかかる施策は、「健康であれば問題は解決する」一辺倒の考え

方にあるように思う。

国は、”運動、栄養、口腔機能の維持向上”を呪文のように繰り返し、「健康さえ維持

しておけば要援護状態になることも自立した生活を脅かされることもない」とうそ

ぶいている。

 

確かに健康でいることに越したことはないし、健康を害することでできなくなる

行為はある。しかし、要援護となることも自立した生活を過ごせなくなることも、

他人から見ると”些細な事”と思われるような小さな躓きから始まることも決して

少なくはない。

そしてその小さな躓きは、”運動、栄養、口腔機能の維持向上”の呪文を唱えても

解消することが難しいことが多くある。

 

だいぶん昔の話になるが、

定年を迎えた知人男性が、突然妻を亡くして一人で生活することになった。

仕事一筋だったその男性は、一切の家事を妻に任せていたこともあって家事に関す

る知識も経験もなかった。また、身内は全て遠方にいて、仕事以外の付き合いの

ある人もいなく、身近に家事の支援をお願いできる人がいなかったし、家政婦に

依頼するほどの経済力もなかった。

ただし、至って健康であり生活も困窮してはいなかったため公的支援の対象とは

ならなかった。

 

半年ぶりにその方にお会いしてビックリした。

ふくよかだった体格はやせ細り、白髪が増えて表情も乏しく、この数カ月で10歳

以上年を取ったように見えた。おそらく、その時に要介護認定申請を行っていれば

「要支援」の認定結果が出ていたとしても驚かないくらいの状態にあった。

 

そこで私は、近所の民家で主催していた料理教室へお誘いした。初めは渋々参加し

ていたその方であったが、これまで格闘していた調理がスムーズにできることを

知り、またその他の家事も教わることができることを知ってからは、毎週の教室が

楽しみとなっていた。

さらには、その方がお住いの自治会長にその方を自治会活動に誘い出していただく

ことをお願いした。やはり初めは渋々の参加であったが、やがて活動に慣れて仲間

が増えてからは、自ら進んで自治会活動に参画していた。

 

久しぶりにその方にお会いすると、見違えるように若々しかった。

そして、「来年ここの自治会長になることになったよ」という笑顔がまぶしかった。

 

もしもその時に私が要介護認定の申請を代行して、”謎の呪文”を唱えながら、介護

保険サービスを調整していたら、全く別の結末が待っていたように思える。

介護支援専門員=保険代行屋?

2024.5.2

介護保険制度が施行されて25年目に入っている。

この歴史の中で、制度は何度も見直されて国民にとって無くてはならない社会保険

制度へと洗練されてきているのではないかと思う。

そして、同制度の要と言われている介護支援専門員への期待もより一層広がって

きているように思う。

 

そうした中で、あくまでも私見ではあるが、介護支援専門員の仕事ぶりを拝見して

いると、同じ介護支援専門員であっても本質的な業務に対する考え方や振る舞いが

「ソーシャルワーカー」と「保険代行屋」に二分されてきているように思える。

 

『ソーシャルワーク』とは、生活上の課題を抱えた個人への働きかけを通じて、

社会全体の課題として取り上げて、社会に対して働きかけを行うこと。

また、社会に直接働きかけることによって、個々が抱える生活上の課題を解決へ

導くことであり、その担い手となる専門職がソーシャルワーカーだろう。

私の理解では、介護支援専門員はソーシャルワーカーとしての役割を担うことを

期待されて世に生み出された専門職と認識している。

 

ごく少数ではあるがソーシャルワーカーとしての役割を担っている介護支援専門員

は実在する。しかし残念ながら、絶滅危惧種に指定されてもおかしくないほど減り

続けているように思える。

それは、介護支援専門員=「保険代行屋」と認識する者が増えてきているからでは

ないだろうか。

 

ここでいう保険代行屋とは、給付対象となる保険情報を管理して、利用可能な保険

サービスを調整し、現物支給化することで対価を得ている人達を指している。

この人達は、ご利用者に保険サービスを利用してもらい、代行手続きに係る行為を

対価として報酬をいただくことが目的であるため、保険サービスを利用するか否か

が一番の関心事となる。

当ブログで何度か触れている「右からケアプランを作る人」がまさしく保険代行屋

に該当する。

 

ここでいう保険代行屋の特徴は、「生活上の課題を抱えた個人に関心があるのでは

なく、保険サービスの利用に結び付く生活上の課題に関心がある」ことなので、

「社会全体の課題把握や社会への働きかけ」には全く興味がない。さらに言えば、

生活上の課題はあっても保険サービスに結び付かなければ、興味の対象から外され

てしまう。

 

最近、介護保険政策にかかる諮問会議に出席している学者から「ルーティン化でき

るケアマネジメント業務を行う準ケアマネ」なる資格の創設が提案された。

バカバカしい提案ではあるが、現状を見ると”言い得て妙”である。

あえてその学者の提案に乗っかるならば、保険代行屋まがいの介護支援専門員を

「準ケアマネ」として、ソーシャルワークができる介護支援専門員を「正ケアマネ」

とすると言ったところだろうか。

 

冗談のようだが、現状を見るとあながち冗談ではなくなるようにも思える。

ルーティン業務を行う保険代行屋なら、深い見識や広い知識は無くてもある程度の

役割を担うことは可能かもしれないし、人手不足の解消に一役買うことにつながる

かもしれない。

 

でも本当にそれでいいのだろうか。

誰もが住みよいと感じることができるまちづくり

2024.4.26

当方の主な事業は、介護保険下における高齢者介護サービス事業である。

所謂公的社会保険サービスで、所属するスタッフも主に同事業に従事している。

 

しかし、当方が掲げる理念は「誰もが住みよいと感じることができるまちづくりに

寄与する」ことであり、その理念を達成するためには社会保険サービスの運営だけ

では十分とは言えない。

 

そもそも、私としては「公的サービスは既存の事業所や施設にお任せして、必要で

はあるが十分とは言えないインフォーマルサービスの発掘や創造、コーディネート

を事業として運営したい」と考えていた。

 

そのため、公的社会保険サービスを運営する場合にはこの地域に足りていない事業

を実施しようと考え、当時必要ではあるが不足していた”多機能系サービス”に力を

注いできた。

また同時に、インフォーマルサービスの発掘や創造、コーディネートを事業として

運営することにも注力している。

 

今日の当方の動きを見てみると、

地域交流スペースでは、地域の一般の方々を対象とした”健康体操教室”が開催され

 

のみくい処とっかりでは、近隣の高齢者クラブの昼食用弁当を提供している。

 

また、前回の当ブログでもご紹介した「インフォーマルサービスの発掘や創造、

コーディネート」を目的とした”大麻地域創造会議”を開催している。

 

こうした活動は、公的社会保険サービスと同等に重要なことだと考えている。

今後も地域の皆様と共に、誰もが住みよいと感じることができるまちづくりに邁進

したい。

大麻地域創造会議の再始動

2024.4.22

日本で最も人口の多い団塊の世代が後期高齢者といわれる75歳になり、総人口の

約5人に1人が75歳という『超少子高齢社会』を来年に控えて、

「誰にとっても住みやすいと感じることができる”まちづくり”をどのように考え

実践していけばよいのだろうか」と考え始めて30年が経過する。

しかし現状では、地域で暮らす小さな子供から高齢者まで、誰もが住みやすいと

感じることができるにはあまりにも人材も経済も足りていない。

こうした状況を”無いものねだり”で嘆いていてばかりいるのではなく、「地域の皆

で知恵を出し合いながら、出来ることから始めていこう」との思いで立ち上げたの

が、『大麻地域創造会議』である。

同会議は、自治会長や民生委員といった地域の代表者、商店街の店舗の店主、地域

のボランティア活動団体、介護や福祉サービス事業者、地元の大学の教員、行政の

高齢者や障がい部門の担当者などにお声掛けをして、2016年(平成28年)

から毎月1回開催して、様々な活動を実践していた。

しかし残念ながら、新型コロナウイルス感染拡大の影響もあって、同会議は3年間

休眠状態となっていた。

昨今、ようやく同感染症がある程度コントロール可能な状況になり、平常に近づい

てきたことを受けて、『大麻地域創造会議』の再出発を図る準備が整った。

そして、今週同会議を開催する運びとなった。

会議では、出席者の皆さんから有意義な意見交換が行われた。

今後も当ブログで、この会議で話し合われた内容や活動についてご案内していき

たいと考えている。

ストレス社会をどう生き抜くか(その2)

2024.4.18

前回の続き

ストレス社会にあって、同じ社会環境の調整であっても、ストレスを取り除く方に

のみ偏るのではなく、個人の耐性強化に必要な調整にもっと力点を置いた方が良い

と申し上げたが、具体的にどのように調整していけばよいのだろうか。

 

まず、ストレスの根源は「本人と環境の間に生じる誤差」と置き換えることができ

るのではないかと思う。そしてその誤差が大きくなるほど増えるほどにストレスが

増していくのではないだろうか。

 

前回は、誤差が生じている環境そのものを変えることでストレスを軽減する治療が

あることを述べたが、日常生活の中には変えることが難しい環境や変えることで

新たなストレスを生み出す要因となる環境もある。

そこで、本人が環境との誤差を埋めるべく歩み寄り、問題を徐々に整えてストレス

を受け入れる手助けをする治療もまた有効と考えられている。

 

例えば、家庭や学校、職場において、自分が理想とする生活像があったとして、

その理想通りに事が進まないことがストレスと感じている場合に、学校や職場から

一定の距離を取って心を静めることも時として重要ではあるが、それと同時に理想

とする生活像そのものを見直すというアプローチもあってよいのではなかろうか。

そういったアプローチを手助けすることに力点を置くことで、柔軟な思考性を育み

ながら、ストレスを軽減することができるばかりか、ストレスへの耐性を強化する

ことが可能になるのではないかと思う。

 

また、ストレスの原因となる環境には、個人に帰する因子、そして個人では抗うこ

とができない(難しい)因子が多く含まれている。

例えば、”加齢”はストレスを生み出す因子になりやすい。「若いころは、当たり前の

ようにできていたことが出来なくなってきた」とか「家庭や社会に貢献する動きを

取ることが出来なくなってきた」といった状況はストレスとなりやすいが、加齢を

止めることは不可能だろう。

 

そうした人を前にした時に、「適度に運動、適切な食事や睡眠を摂りましょう」と

アンチエイジングな取り組みを勧めることはあっても、「加齢を受け入れつつ、衰え

つつある中で今できることを確実に行えるようにしよう」と提案する人はいない。

この様な場合も、理想とする生活像そのものを見直すというアプローチによって、

柔軟な思考性を育みながら、ストレスを軽減するだけではなく、ストレスへの耐性

を強化することが可能になるのではないかと思う。

 

あくまでも私見ではあるが、ストレス社会を上手に生き抜くには、誤差を生み出す

環境を遠くに置くばかりではなく、環境との誤差を縮めるトレーニングを積み重ね

ることが重要で、その結果として柔軟性のある思考やストレスへの耐性が備わるの

ではないかと思う。

ストレス社会をどう生き抜くか(その1)

2024.4.17

これまで生きてきて、ストレスだらけの世の中にあって、世の流れに沿って生活を

続けることは非常に難しいとつくづく思う。

中には、生活の中で生じる日常的なストレスにうまく対処することができず、

結果として抑うつや不安感などの精神症状が現れ社会生活に支障をきたす適応障害

を発症する方もいたりする。

新年度となり新生活がスタートしたのちに起こりやすい所謂”5月病”もその一種と

言われている。

ストレス耐性の低い方や関連する他の疾患をお持ちの方は、こうした症状を発症し

やすいが、そうではない方にもはっきり言えばだれにでも起こりうる症状である。

 

そのような症状を発症した方への適切なアプローチとして、「原因となるストレスを

解消(軽減)する」ことが挙げられる。

そのためには、一時的に休学や休職してストレス環境から一定の距離を置くなど

社会環境を調整することが有効とされている。

そして、こうした調整を実現するうえで周囲の協力や理解が不可欠である。

 

と、ここまではよく聞く話しで、実際に家庭や学校、企業でも取組が行われている

ことであり、国の政策や提言でも同様のことが盛り込まれることが多くある。

しかし、個人的にはストレスへの対処法が「社会環境を調整」一辺倒になっている

ことが大いに気になる。

この一辺倒の状況が、「家庭が悪い、学校が悪い、会社が悪い」と一方的に社会環境

のみに責任を押し付ける風潮が強くなる傾向にあるように思う。

 

歩みを進めなければならない状況にあって、ストレスに耐えきれなくなった場合に

は、一度歩みを止めて休むことは非常に重要である。しかし、それと同時にどれほ

ど道路を整地しても、良質な靴を揃えても歩みを進める練習を完全に辞めてしまえ

ば、再び歩みだすことが非常に難しくなってしまう。

この両方の歯車を上手に動かさなければ、「どちらかが悪い」と無意味な責任のなす

りつけ合いが繰り広げられ、何の建設性も生まれない。

 

そもそも、適応障害の一般的治療法は、社会環境調整と並行して「個人のストレス

対処能力向上」が重要とされている。

どれだけ環境を整備したとしても、完全にストレスフリーな生活を過ごすことは

困難を極める。そのため、個人がある程度の耐久性を備えることで困難な状況を

乗り越えることができるという考え方である。

 

ただ、こうした論調で話をすると一部誤解をされる方がいらっしゃるので、あえて

申し添えておくと、私は「個人を甘やかすな」とか「社会環境のせいにするな」と

言いたいわけではない。

同じ社会環境の調整であっても、ストレスを取り除く方にのみ偏るのではなく、

個人の耐性強化に必要な調整にもっと力点を置いた方が良いといいたい。

では具体的にどのように調整していけばよいのだろうか。

 

ちょっと話が長くなってきたので、続きは次回に持ち越すこととしよう。

 

会合等へのオードブルの提供

2024.4.16

当方の理念は「住みやすいまちづくりに貢献する」ことであり、その考えを達成

するために各事業を実践している。

そして、その理念は昨年オープンした『のみくい処とっかり』においても同様の

考え方を持っている。

 

昨年のオープン以降、地域の皆様に役立てるお店を目指して営業しているところで

あるが、半年ほど前あたりから地域の会合等にお弁当やオードブルを提供してほし

いとの要望を頂く機会が増えてきた。

 

今日は、地元の高齢者クラブの方から「会合の後の食事会のためのお弁当を準備し

てほしい」とのご依頼を頂いた。

 

 

 

心を込めて38食分のお弁当を準備してお届けさせていただいた。

 

睦会の皆さん、

お声掛けいただきましてありがとうございました。

美味しくいただけますように!

暗黒の人材不足社会

2024.4.15

先日、外国籍で国内企業への就職活動をされている方と企業をつなぐ活動をされて

いる個人名を名乗る方からFAXを頂戴した。

FAXの文面は非常に熱心に書かれていたが、詳細が全く分からなかったので記載

されていた電話番号に電話して詳細を確認することとした。

 

すると、先方はいきなり自社名を名乗り始めた。

この時点で不信感を抱いていたが、会話を進める中で「なぜ初めから会社名を名乗

らずに個人名で連絡をしてきたのか」と問うといきなり電話が切れた。

その後折り返しの連絡もなかったところから先方が会話を遮断するために意図的に

電話を切ったと推察される。

 

この一連のやり取りに法に反する行為はなかったが、真っ当な会社としての振る舞

いとはとても思えない状況にあった。

この様な会社と取引したいと考える企業が果たしているのだろうか。

うがった見方をすると、この会社が行っている活動は本当に真っ当なのかと勘繰

ってしまう。

 

恐らくは、国内企業へ就職したいと考えている外国籍の方は純粋な気持ちで就職

活動を行っていることだろう。

しかし、このような会社が仲介に入るようではその方も浮かばれないし、せっかく

好意的に国内企業への就職を目指していても嫌気がさしてしまうかもしれない。

 

人材紹介や派遣を取り仕切る企業にまともな会社はないのだろうか。

こんなことでは、人材不足が社会問題となっている我が国の将来はお先真っ暗だ。

タイヤ交換ですね

2024.4.11

春だ!雪解けだ!タイヤ交換だ!

この1週間でガラッと気候が変わった。

2週間ほど前まではまだまだ寒い日が続いていたが、すっかり春の訪れとなった。

主要道路だけではなく、脇道にもほとんど雪はなく、日陰に少し残っている程度と

なった。

 

というわけで、この時期恒例の社用車タイヤ交換を一斉に行った。

当方が所有する社用車30台×4本の計120本のタイヤ交換を行った。

 

 

 

当方では、タイヤ交換は外注することなく、スタッフだけですべて行っている。

そんなわけで、手の空いたスタッフ総出で一気にやっつけることにしている。

今回も皆さんお疲れさまでした。